ミュゼでうなじ脱毛するならこのプラン!

MENU

医療機関でのうなじ脱毛のいたみについて

うなじ脱毛を医療期間でするとしたら脱毛サロンの光脱毛と、どれくらい違いがあるのでしょうか。

 

痛みはやはり医療脱毛の方があるようです。レーザーの出力が強いことが原因です。

 

そして首筋が毛深い人の方が効果が現れやすいです。レーザーは黒いモノに反応する光の特性を利用するため、
より黒いほうが反応がしやすく発毛組織への抑止力が強いからです。

 

また生え際は首筋よりも髪の毛に似てしっかりしている毛が生えているので、
レーザーの出力レベルを調整しながら行います。希に痛みが走る場合がありますが、
もし痛みが強いようなら我慢せずきちんと話す必要があります。

 

痛みを取り除く処置をしてくれる機関も

また笑気麻酔や麻酔クリームなどを用いて痛みを取り除くための設備のある医療機関もございます。

 

痛みに対しての恐怖心から躊躇されている場合、ネットなどで探してみると、そういった処置をしてくれる医療機関もあるので確認してみましょう。

 

それから、髪の毛とムダ毛の境がはっきりしていないと首筋は皮膚が柔らかいので、やけどのリスクが高くなります。
ですので髪の毛の部分ではないムダ毛の部分を、ジェイバーなどでわかりやすく剃っておくことが大事になってきます。

 

医療機関のうなじ脱毛の回数は?

サロンの光脱毛だと、8回から12回くらいが人に寄るにしろ回数としてはこれくらいと言われています。

医療脱毛はどうかといいますと、2ヶ月に1回、4回〜6回くらいで終了することが多いようです。
なので最高でも1年くらいで終わるということになりますね。

 

両脇や腕などの方が回数が少なくて済むようですが、
うなじはやはり毛が薄い部分ではありますので最低でも4回は必要ではないでしょうか。

 

やはり脱毛をお願いするからにはできればツルツルにして欲しいですね。

 

医療脱毛だとレーザーの強度が強いので希望通りの状態にしてもらいやすいし、
何かあった時に医療機関なので対応力が高く、範囲は狭くてうなじのように自分でしづらい部分は、
対応力のたかい医療脱毛での施術はもしかしたら合っているかもしれません。

 

シェイバーなどでの自己処理はどうすればいいの?

自己処理をしていない状態でレーザーを当てると、

黒い部分の面積が広くなるのでレーザーを浴びすぎてしまい、やけどなどになるリスクが増えます。
ですので医療機関でも光脱毛サロンでも施術前に必ず自己処理をお願いしています。

 

しかし、うなじなど見えない部分の自己処理はとても難しいですよね。
医療脱毛サロンではシェイビングサービスを行っているところがあります。

 

無料でしてくれるところもあれば、1部位500円など値段がかかる医療機関もあります。
自分でするのは難しい場合はお任せしてしまったほうが安心なので、
最初のカウンセリング時に頼んでしまうか、相談してみることが需要です。

 

うなじや背中などは自分での処理が特に難しいですよね。
なかには家族や友達にしてもらう人もいるようですが、なかなかそうはいかない場合もあります。
それも含めてカウンセリングで相談し、そのことに関して良心的な医療機関が一番ですね。

 

 ミュゼでつるスベ【うなじ脱毛】プランは?料金は?トップページに戻る