脱毛サロン当日の飲酒はOK?

MENU

脱毛サロンで施術を受けるときの飲酒について

脱毛サロンに通われている女性の中にはお酒がとっても好きという人がいると思います。

昔と違って女性がお酒を嗜むことって当然という風潮ですよね。

 

ところでお酒を飲んでしまった場合、脱毛サロンでの施術は受けられるのでしょうか。
基本的には飲酒をしている場合は脱毛をすることは禁止のサロンがほとんどです。

 

夜10時くらいまで脱毛サロンは空いているのでちょっと飲んでから・・・なんてことを考えてはいけません。
飲酒をしてる時は予約を入れていようがいまいが脱毛することはできません。

 

実はお酒を飲んでいて脱毛をすると気分が悪くなることがあります。
体に対する刺激から拒否反応が起きるためと考えられます。

 

お肌に炎症があ起こることも

またお酒が入っていると肌に炎症が起こる可能性が高くなります。

赤く腫れてしまったり、かゆみや痛みを帯びた湿疹など、
肌にトラブルが起こる確率が高いと言われているのです。
脱毛サロンでの施術は光を当てるだけとはいえ、やはりお肌への負担は大きいのです。

 

また人によっては お酒に飲まれて眠ってしまい、痛みに気がつかずやけどになってしまう例もあります。
そんなトラブルを起こしたりしたらお店にも迷惑がかかるし自分もとても嫌な気持ちになりますよね。

 

なので飲酒後の脱毛は厳禁ということを是非覚えておいて欲しいと思います。

 

脱毛後の飲酒も控えるべき

また脱毛した後もお酒を飲むのは控えた方がいいです 。
先程も書きましたように脱毛するとお肌がかなり敏感な状態になっています。

 

その敏感な状態で飲酒をすると血の巡りが良くなりすぎて
それこそかゆみが起こったり赤くなってしまったりすることもあるんです。
施術前だけではなく施術後も要注意です。

 

どうしても飲酒が避けられない場合

脱毛サロンでは飲酒トラブルを防ぐためにカウンセリング時に注意事項として説明があるはずです。

しかしどうしても飲酒をしなければいけない場合には予約を取り消しましょう。
またこの日は接待や歓迎会などお酒を飲む日だということがあらかじめわかっている日に、
予約をすることは絶対に避けてください。

 

「ちょっと飲んだだけだから。」と軽く考えて脱毛をしてしまうと、
せっかくの脱毛が嫌な思い出になってしまいます。
それにお酒臭いと周りにも迷惑になりますよね。

 

 ミュゼでつるスベ【うなじ脱毛】プランは?料金は?トップページに戻る